タイムス物流
安全管理について

動画のタイトルをクリックすると大きな動画がご覧いただけます

輸送の安全に対する基本方針

経営理念に掲げる「わたしたちは、顧客に信頼され、交通マナーの良い会社をつくります」「わたしたちは、お客様の大切な”商品”をお客様になり代わって、確実安全に安定、かつ丁寧にお届けする立場を貫きます」また「交通事故防止を全社員の目標とする会社づくりに励みます」
当社の安全対策の土台
経営理念、交通労働災害防止規定の遵守、安全優先の位置づけに基づく全員参加経営。
過去の事故の教訓から学びとる
「顧客に信頼され、交通マナーの良い会社づくり」は全従業員の業務に当たる確固たる姿勢でなければならないこと
人格の尊重
職場の民主的運営、会議の自由な発言の保証、理解と納得に基づく指導方針
社長は、安全に関して責任をもつ管理職会議を主宰し、毎月の安全に関する施策の実施状況を検討し安全確保に主導的な役割を果たします。
安全衛生に関する目標を具体化し「安全マネジメント」を確実に実施し全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上を図る。
輸送の安全に関する情報について、積極的に外部へも公表する。
 

輸送の安全に関する目標及び達成状況

1、 弊社の交通労働災害防止規定を重視し、労働災害「0」を達成します。
2、 全社で車両事故ゼロ1年を達成します。
3、 車両管理と点呼の確実な実施
4、 定期的に健康診断を実施し、自己管理をすすめ健康思想を身につける事を呼びかけます。
5、 協力業者と連絡を密にし輸送の実態を把握し安全輸送に活かします。

自動車事故報告規制第2条に規定する事故に関する統計

報告すべき事故は0件です。

安全管理体制

職場運転者の参加のもとに毎月の職場会議で安全推進をはかる。

運行管理者数

本社営業所 7名
岡山営業所 1名